ハワイ準備まとめ

ロクに海外も行ったことなかった僕が、ハワイに行くために準備したこと、実際行って良かったこと、
ハワイを扱ったテレビネタなどをまとめてます。みなさんの参考にしていただけると嬉しいです!

タグ:HIS


こんにちは!

HISの年末恒例「初夢フェア2020」の受付が始まっています!今年のハワイツアーはどんな感じなのかをまとめてみました。ご参考になれば幸いです!ちなみに去年の記事はこちらです。


今年の初夢フェアの最安値は…

今年のツアーのタイトルは「■初夢フェア第1弾■羽田発着 ハワイアン航空乗継便で行く!「LeaLeaトロリー」滞在中乗り放題!ハワイ5日間 エコノミークラスホテル/3名1室利用不可」です。こちらのツアーの料金帯は
59,800円~179,800円
となっています。去年の最安が79,800円でしたのでそれよりも2万円も安くなってますね~!

…と思いきや結構な罠がありますが、それは後ほど…


泊まれるホテルは

やっぱりエコノミークラスホテルです まぁこの値段ならしょうがないですかね~。なお、HISのオアフ島のエコノミークラスホテルは、2019年11月現在で
  • エクウス
  • エバ ホテル ワイキキ
  • クイーン カピオラニ ホテル
  • ホテルラ クロワ(旧:ワイキキ ゲートウェイ)
  • マリーナ タワー
  • パールホテルワイキキ(旧:アクアワイキキパール)
  • オヒアワイキキ
となっています。これらのホテルをGoogleマップ上にポイントしたものがこちらです!

エコノミークラスホテルはワイキキビーチからはそれなりに離れています。ワイキキビーチに一番近いのは、エバホテルとクイーンカピオラニですね。エクウスとマリーナタワーはアラモアナショッピングセンターまで徒歩10分くらいだと思うので、割と近いですね。

なお、毎度のことですがこのような激安ツアーのホテルは選ぶことができません。上のエコノミークラスホテルのどれかに宿泊することになるのでちょっと怖いです。あと、ホテルの設備も必要最低限のものになりますので、ホテルに何かを求めてはいけない感じです。


そのほかの注意点は?

そんな今年の初夢フェアのハワイツアーですが、「去年より料金が安い」「羽田発着」「空港からの往復送迎あり」と、パッと見よさげなポイントが多いのですが、最大の注意点は


コナ乗継便である!


というところです。

これはつまり、どういうことかというと、
行き:羽田空港⇒ハワイ島コナ空港⇒オアフ島ホノルル空港⇒ホテル
帰り:ホテル⇒ホノルル空港⇒ハワイ島コナ空港⇒羽田空港

となるわけですね。

なお、ツアーの案内ページに
日本出発日が火・木曜日なら、往路は羽田~ホノルル間直行便でご案内!
日本出発日が水・金曜日なら、復路はホノルル~羽田間直行便でご案内!
という条件が書いてありますが、要するにそれ以外の土日月出発のツアーは往復コナ乗継便になるということですね~

実際のところ、ホノルル-コナ間のフライトはそれほど時間はかかりませんが、空港での乗り継ぎが面倒ですし、結構時間がかかってしまうと思います。せっかくのハワイを楽しめる時間が減るというわけですね

また、このツアーで59,800円で行けるのはすべて日曜出発となります…。イコール往復コナ経由です。水曜出発なら何日か69,800円の日がありますので、帰りは直行にできます。

とはいえ、敢えてハワイ島を経由することで料金を下げてくるとは、なかなかやりますね、HIS


まとめ

という感じで、「初夢フェア2020」のハワイツアーをまとめてみました。

料金的には安くなっているものの、やっぱり乗り継ぎ前提になっているのがかなり気になりますね…。

以前のものは「航空会社は選べないし、空港からの送迎もついてないけど直行便」だったのですが、今回は「航空会社はハワイアン航空、空港の往復送迎あり。だけど乗り継ぎで時間がかかる」となっています。

どちらもかなり悩ましいところですが、今年のは「それでもとにかく安くハワイに行きたい!」という人に向けてHISが変化球を投げてきたというイメージがあります。

その変化球を受け止められそうな方はご検討されてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!

こんにちは!

2019年ももう10月ですね。ということで、来年2020年のハワイ旅行についてJTBとHISのガチンコ比較を行ってみたいと思います!料金面ももちろんですが、サービス面も比較して、最終的には勝者を決定します!

当ブログではHISを推すことが多いのですが、最新の比較ではいかがでしょうか!?
(あくまで個人調べです。間違いの無いように努めますが、間違いがあった場合はご容赦ください…

まずは比較の条件決め

まずは、比較の条件を決めました。
  • 出発日は2020年4月4日(土)
  • 成田出発
  • 日程は5泊7日
  • ホテルはシェラトン・ワイキキ
  • 部屋は「20階以上オーシャンフロント」
こんな感じで行ってみたいと思います!春休みとGWを避けて、雨季も終わっているであろうという想定です!

なお、JTBもHISもネット申込みではなく、パンフレットのツアー申込みを前提にしています。ネット専売ツアーはたまに異常に安いツアーが出るのですが、必要なオプションが有料になったりすることもあるので、結局パンフレットの方がオススメです!

では、各項目で比較していきましょう!

航空会社はどう?

まずは、「航空会社」の比較です。

JTB、HISともにデフォルトの航空会社は「ハワイアン航空」となっています。ハワイアン航空を利用する場合は料金表の通りですが、JALにアレンジする場合はこんな感じになります!

【JTB】基本料金+1.3万円
往路:成田20:10(or 22:00)→08:30(or 10:05)ホノルル
復路:ホノルル14:40→18:30成田(JL789)

【HIS】基本料金+1.2万円
往路:指定不可。指定する場合は+0.3万円
復路:ホノルル14:40→18:30成田(JL789)

復路、つまりハワイからの帰りはJALで最も遅い便にして、最終日の朝食も楽しめるようにしています。この比較では一見するとJTBのほうが高いのですが、日本出発の時間をなるべく遅くしたいとか早くしたいとかそういう希望がある場合は、JTBのほうが安くなりますね

ホテルの特典内容は?

続いて、「ホテルの特典内容」の比較です。

これは、ホテルで支払いに使えるギフトカードがもらえたり、無料でディナーを楽しめたりする特典です。それぞれ特徴的なものをピックアップすると…

【JTB】「レアヒ・クラブ・20階以上・オーシャンフロント」
ギフトカード:$50分
ルックJTBルアナラウンジ利用:無料

【HIS】「レアヒクラブ オーシャンフロント20階以上」
ギフトカード:なし
LeaLea BBQ付き

いずれも「レアヒクラブ」というシェラトン・ワイキキの最上階にあるラウンジを使うことが出来るプランですね。こちらの記事で書きましたが、このラウンジが素晴らしいのでせっかくなら使えるプランにしたいところです。

なお、JTBでは23階がJTB専用フロアになっていて専用のルアナラウンジも使える、といったあたりがホテルとのつながりの深さを感じさせますね~

無料オプショナルツアーはどう?

続いて、「無料オプショナルツアー」の比較です。

滞在中は様々なツアーに参加すると思いますが、できるだけ追加料金無しで楽しみたいというのが正直なところだと思います。それぞれの無料オプショナルツアーを比較してみると…

【JTB】‘OLI‘OLIフットワーク
  1. オアフ島東海岸&絶景ホッピングバス
  2. オアフ縦断バス
  3. ワイキキ遊覧船
  4. カイルア行きシャトルバス
  5. ‘OLI‘OLIシャトルワイケレ
【HIS】レアレアプラス
  1. ハレイワシャトル
  2. カイルアシャトル
  3. ハナウマ湾シャトル
  4. タンタラス夜景シャトル
  5. カカアコシャトル
  6. ロック・ア・フラ®ショー入場券
  7. ワイケレ・アウトレット・ シャトル
  8. マカプウハイキングシャトル
大体、行き先は似たような感じですが、HISのほうがバリエーションが豊富ですね。HISには他にも時期限定で、
  • LeaLeaグランピング
  • LeaLeaホエール・ウォッチング
  • LeaLea貸切トレイン
  • LeaLea貸切トレイン&ドルフィンウォッチング
  • LeaLeaタートル・ラグーン
  • LeaLeaウエスト・オアフ・ライン
というものも催行しているので、無料オプショナルツアーという意味ではHISの圧勝と言っていいと思います!

また、HISでは「レアレアトロリー」がかなり縦横無尽に張り巡らされていますので、うまく使えば無料で観光スポットを効率よくまわることもできます。

もちろんJTBもトロリーを走らせていますが、カバー範囲の広さではHISにはかなわないですね…。

ただし!JTBでは「オリオリタクシー」というサービスがあって、カハラから出雲大社まで何度でもタクシーに乗り放題になります!これを使えば追加料金もチップも不要で自由に移動でき、トロリーの運行エリアの狭さをカバーできます。コレなかなかいいんじゃないでしょうか!

で、ツアー総額はいくらになるの?

色々比較してきましたが、結局「総額いくら?」という比較をしてみましょう!

【JTB】
料金区分:B区分
部屋タイプ:「レアヒ・クラブ・20階以上・オーシャンフロント」
42万円
→180日前申し込みで 39万円


【HIS】
料金区分:D区分
部屋タイプ:「レアヒクラブ オーシャンフロント20階以上」
33万6800円
→120日前申し込みで 32万1800円

料金面で比較をすると、やはりHISが有利ですね~。こちらの料金に航空会社のアレンジ代などが追加されますが、それでも7万円近くの差額は大きいです!

ということで結論!

ということで、色々と検討した結果、やっぱりHISの勝利でしたー!それぞれの内訳は

「航空会社」:ほぼ互角
「ホテル特典」:JTB
「オプショナルツアー」:HIS
「ツアー総額」:HIS

となります。

「オプショナルツアー」で書いた、JTBの「オリオリタクシー」はうまく使えば、トロリーよりも効率よく観光スポットをまわれると思うのですが、いちいち電話やアプリで予約する必要があったりして、HISのトロリー停留所のきめ細やかさに軍配が上がるんじゃないでしょうか?

また、金額面も予想通りHISのほうがかなり安いですね!もちろん部屋タイプやホテルによって異なってくると思いますが、傾向は大きく変わらないはずです。

是非、店舗などでパンフレットを入手していただき、比較をしてみることをオススメします!

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!

こんにちは。HISのハワイオアフ島で非常に便利に利用できる「レアレアトロリー」ですが、今年の4月から新ルートが登場するようですのでご紹介します。ただ、まだHISのオフィシャルサイトに詳細が出ていないので、パンフレットからの情報を集約してお伝えします!

ココヘッド・ハイキング/ハワイカイ・ショッピング・ライン

まず、「ココヘッド・ハイキング/ハワイカイ・ショッピング・ライン」です。パンフレットでの案内はこんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
運行内容 1周85分/1日2便

地元で人気の絶景トレイルへ!

ココヘッドトレイルへのアクセスはもちろん、ココマリーナセンターやカハラモールなどの話題の東オアフのお買い物にも便利なラインです。

【ココヘッドバーク】
ハワイの上級者向けトレッキングコースのココクレータートレイルにアクセスできます。体力に自信のある方は是非チャレンジ!

【ココマリーナセンター】
SNSでも話題の「モエナカフェ」やハワイビールの代表「コナブリューイングカンパニー」など、ハワイの人気レストランがたくさんあり、食事やショッピングを楽しめます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、ココマリーナセンターとココヘッドパークはこんな位置取りです。

結構近いですね。途中のカハラモールも含め、海岸線を走っていくラインかと思います。ココマリーナセンターには「コナブリューイング」のほかに、「レナーズ」や「テディーズビガーバーガー」などレストランやショップが入っています。また、カハラモールには「ホールフーズ」もありますので、ショッピングも楽しめるコースですね。

なお、パンフレットに書いてあるように、「ココヘッドトレッキング」はダイヤモンドヘッドと違ってかなりハードなコースのようです。以前、オアフ島のツアーガイドの方も同じことを言っていました。ココヘッドは玄人好みという事でしょうか。

アラモアナビーチ・サンセット・ドライブ

こちらのパンフレットでの案内はこんな感じです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
運行内容 1周55分/1日1便

ダブルデッカーに乗ってハワイのサンセットドライブを楽しもう!

日の入り時間にあわせて運行するドライブライン。ハワイの美しいサンセットとビーチをお楽しみいただけます。

【アラモアナビーチ】
ワイキキのすぐ近くできれいな夕焼けが見られると人気のビーチ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アラモアナビーチはこちらです。

なおこのトロリーは日の入りに合わせるという事で1日1便です。55分という事なので、どこかに停車してサンセットを眺めることになるんじゃないでしょうか。
DSC_0099-20190211
僕らが2016年10月にアラモアナビーチ近くの「アラ・ワイボートハーバー」で見たサンセットです!時期によるとは思いますが、いい感じの写真が撮れるんじゃないでしょうか。


なお、上でも書きましたが、いずれのルートもオフィシャルサイトに詳しい情報が出ていないので、具体的な停留所の場所などは不明です。情報が出てきたら追加していきます!

続きます!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!

こんにちは。

※12/13をもって20%還元のキャンペーンは終了しました!

最近何かと話題のPayPayですが、実はHISでの旅行代金の決済にも対応しています!その使い方や注意点をまとめてみました。
paypaylogo

そもそもPayPayって?

大胆な「キャンペーン」と耳に残るCMで今話題になっているQRコード決済サービスです。スマホがあれば支払いを完結できるので、とても簡単です。サービス自体はSoftbankとYahooが共同で立ち上げたものなので、名前から受けるイメージほどは怪しくない(?)と思います!
https://paypay.ne.jp/

そんなPayPayで現在実施中の「キャンペーン」は「100億円あげちゃうキャンペーン」です!このキャンペーンは、PayPayで決済した場合、決済額の20%を一律ポイントバックするというもので、実質的に対象店舗で買えるものは「ほぼ全て20%オフ!」と同じ意味合いになります。
https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/

PayPayが使える店舗は主に飲食系や、家電量販店などなのですが、実はその中にHISが含まれているんですね。
https://www.his.co.jp/news/5044.htm

さらにPayPayに登録するクレジットカードをポイント還元率の高いものにするとそちらのポイントもゲットできるという事です!

HISでどうオトクなの?

というわけで、HISでも旅行代金の支払い時にこの「100億円キャンペーン」が適用されるので20%オフになります!キャンペーンは、「月あたり5万円分のポイントバックが上限」となっているので、「25万円の旅行代金をPayPayで決済すると実質マイナス5万円される」という事になります。これは非常に大きいですね!

なお、1人あたり25万円が上限ですが、例えば2人がそれぞれPayPay払いにし合算することで50万円の決済をすることも可能です。つまり2人合わせて10万円引きですね。僕らが申し込んだとき、店員さんもそのやり方を認識していて、問題なく決済することが出来ました!

店舗での使い方は?

そんなPayPayをHISの店舗で使う方法を簡単にまとめます!

まず当たり前ですが、PayPayに登録が済んでいることが前提です。登録は、スマホの電話番号認証を行って、IDとパスワードを設定、さらに支払い情報を登録すればOKです。VISAかMasterのクレジットカードがあれば、その場でサっと登録することもできると思います。

次に、店員さんに「PayPayで払います」と伝えると、QRコードの印刷されたポップのようなものを持ってきます。そのQRコードをPayPayアプリで読み取って、支払いたい金額を画面上で入力し、確定すれば支払い完了です!簡単すぎて怖いくらいでした…。

その後、キャンペーンの対象だとこんな表示がでて、5万円分ポイントゲットです!素晴らしい。
paypay
「実際、PayPay払いされる方は結構いますか?」と店員さんに聞いたところ、皆さん結構な割合でPayPay払いをされているようです!確かに周りでも「PayPay」の話をしているお客さんは何人かいらっしゃいましたよ!

注意点は?

そんな物凄く簡単に使えてしまうPayPayですが、いくつか注意点があります。
  1. 決済に使えるクレジットカードはVISA か Mastercardのみ
  2. 銀行口座の登録も可能だが少し面倒
  3. 20%ポイントバックは最大5万円分まで(25万円の支払いまで)
  4. HISの場合、現時点では店舗払いのみが対象
  5. 2019年3月末までの決済が対象
  6. ただし、総額が100億円に達したら終了(いつかは不明)
  7. サービスインしたばかりで不安定
こんな所でしょうか。2つ目まではPayPayの仕様なのでどうしようもない所ですが、いずれは改善されるかもしれません。3,4,5,6については、キャンペーンの内容を理解していないと「20%」のポイントバックが「0.5%」になってしまう可能性があります。HISの支払いでは、

HIS店舗で25万円までの旅行代金を2019年3月末までに決済すればポイントバックあり。ただし、決済時点でキャンペーンが終了していないかをサイトなどで確認!

という事に気を付ければよいと思います。キャンペーン期間については、店員さんに聞いても教えて貰えるかもしれないです!

7については、始まったばかりのサービスを使っての高額決済だったので多少不安はありましたが、「不具合が起きても何らかの対処が行われるだろう!」と考えて思い切ってみました。まだ実際にポイントバックされていないので何とも言えないですが、今のところは大丈夫そうです!

まとめ

以上、HISでのPayPay払いについてまとめました。結論としては、

始まったばかりのサービスで少し不安はあるもののハワイ旅行が実質5万円引きは大きい!

という事になります。皆様もご検討ください!ただし、検討はお早めに~

続きます!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!

こんにちは。

今回は、当ブログで何回か実施している「旅行会社ツアー比較」の2019年春バージョンを行ってみたいと思います。前回のJALパックに続き、対決するのは「JTB」「HIS」です。JTBはちょっとお高めのイメージですが、最近はどうでしょうか?それぞれ2018年11月時点での最新パンフレットを参考としています。また、個人調べですので、間違っていたらすみません!

比較の条件は前回同様、
  • 首都圏発
  • 2019年6月
  • オアフ島のシェラトンワイキキ宿泊
  • 5泊7日
でいってみたいと思います!


ツアー料金対決!

まず、メインの「ツアー料金対決」です!こちらは冒頭に書いた条件で比較していきます。

「JTB」については、2019年6月の旅行代金区分は「B区分」です。最安のAから一つ上がった区分なのでオフシーズンという扱いですね。

一方、「HIS」の旅行区分は「C区分」です。「HIS」の区分は「A~Q」までなので、下から3つ目の区分です。こちらも安めのシーズンという扱いです。

前回のJALパックでは、部屋の条件を同じにするために「10階以上オーシャンフロント」としましたが、JTBには同条件の部屋がないため、「15階以上・ダイヤモンドヘッド・スイート・オーシャンフロント」としました。それで料金比較をしてみると…

「JTB」⇒32.9万円
「HIS」⇒33.48万円


となります。前回の「JALパック」は32万円でしたので微増ですね。なお、「HIS」は120日前までに予約をすると1.5万円マイナスになるのでややHIS有利になります。ただし、「JTB」にも早割が存在していて、180日前なら-2.7万円、120日前なら-1.7万円、90日前なら-0.5万円となります!

「JTB」⇒30.2万円
「HIS」⇒31.98万円


4か月前以上に申し込むことが出来るなら、JTBの方が安くなるわけです。

なお、「HIS」の料金はハワイアン航空が基本ですので、「どうしてもJALがいい!」という場合は、1.0万円~1.8万円プラス(往路便の時間による)となります。

JTBの場合もJALアレンジの場合は、1.2万円~1.9万円プラスとなりますので、ここは互角ですので最も高い機材を選んだ場合、

「JTB」⇒32.1万円
「HIS」⇒33.78万円


となります!

この対決は「JTB」の勝利です!これは予想外でした。

トロリー対決!

続いては、オアフ島内の観光を行う移動手段としてとても便利な「トロリー」の対決です。

「JALパック」はオリオリウォーカートロリーですね。ルートとしては、
  • ワード・カカアコ・イブニングルート
  • ワード・ダウンタウン・カカアコルート
  • アラモアナルート
  • ダイヤモンドヘッドルート
  • カハラルート
の5ルートが基本です。JALパックよりは多いですね。

対する「HIS」はレアレアトロリーです。こちらは「エリアと停留所数がNo.1」をアピールしているように、確かにルートが多いです。書き出してみると
  • アラモアナ/ドンキライン
  • ダウンタウンライン
  • ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン
  • イーストディナーライン
  • ウエストディナーライン
  • ワイケレ・モアナルア・ライン
  • イーストコーストライン
  • ウエスト・オアフ・ライン
  • ダイヤモンドヘッド周遊/朝食レストランライン
となります。停留所が重複しているルートもいくつかありますが、かなり多いと思います。このほかにも、アラモアナやダイヤモンドヘッド、ファーマーズマーケットに直行する「エクスプレス」というトロリーも運行していて、目的がはっきりしているなら便利に使えます。

という事で、やはりトロリーについては「HIS」の勝利だと思います!

ツアー特典対決!

最後に、今回の条件でツアーに申し込んだときの特典についての対決です。

まずは「リゾートカード」です。こちらはシェラトンだけでなく、モアナやロイヤルハワイアンで使えるカードで、ホテルのショップでの買い物や、バーやレストランでも使えます。

「JTB」⇒$250
「HIS」⇒90日前予約完了で
$80、それ以外は$30

となっています。JTBの方の額が尋常じゃなく多いです…。何かの間違いかと思いましたがあってるようです。

次は「朝食」です。ワイキキではレストランやカフェが充実しているので、要らない場合もありますが単純に回数だけを比較すると、

「JTB」⇒0回
「HIS」⇒4回


となっています。ただし、JTBの場合は「ルックJTBルアナラウンジ」で軽食をとることができます。簡単に済ませるなら便利ですね!

最後は「オプショナルツアー」です。初めてのハワイならオアフ島周遊のツアーなどに参加すると、ハワイのベタスポットを訪れることができるのでオススメです!それぞれ無料で参加できるツアーを挙げると、

「JTB」⇒「OLIOLIフットワーク」
  • OLI OLIシャトル東海岸&絶景ホッピングバス
  • OLI OLIスニーカー<見どころ撮りどころ満載!オアフ島縦断ルート>
  • OLI OLIオーシャンスニーカー<海上遊覧ルート>
  • OLI OLIシャトル カイルア
  • OLI OLIシャトル ワイケレ

「HIS」⇒「レアレアプラス+」

  • ハレイワシャトル
  • カイルアシャトル
  • ハナウマ湾シャトル
  • タンタラス夜景シャトル
  • カカアコシャトル
  • ロック・ア・フラショー入場券
  • ビーチヨガ
  • マカプウハイキングシャトル
となっています。数はHISの方が多いのですが、この中から一つだけが無料です。逆にJTBは複数を選択することが出来るようになっています。バリエーションはHISですが、JTBなら組み合わせで選べて楽しいですね~

という事で、このツアー特典対決は「引き分け」です!

結論!!

以上、いろいろなポイントで比較を行ってきましたが、結論としては勝利数が拮抗してしまいましたので
「引き分け!」
という事になります!何となく思い込みで「JTBは高い!」と感じていたのですが、結構頑張っている印象です。以前は、無線LANルーターも有料レンタルだったのですが、今はパンフレット経由なら無料レンタルが付属してくるようですし。

JALパックの時も書きましたが、あくまで一つのパターンでの比較なのでぜひパンフレットを見比べて検討されることをオススメします!

続きます!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!

↑このページのトップヘ