ハワイ準備まとめ

ロクに海外も行ったことなかった僕が、ハワイに行くために準備したこと、実際行って良かったこと、
ハワイを扱ったテレビネタなどをまとめてます。みなさんの参考にしていただけると嬉しいです!

タグ:レアレアプラス


こんにちは!

HISの店舗申し込みツアーに無料でついてくる選べるオプショナルツアー「レアレアプラス」の内容がプチリニューアルされていましたのでご紹介します!ハワイが初めてという方は「どれを選んだらいいんだろう?」と迷ってしまうと思いますので、ご参考になさってください。

2019年版についての記事はこちらです!


前回の記事はこちらです!



レアレアプラスの概要

ご存じの方も多いと思いますが、HISの選べる無料オプショナルツアー「レアレアプラス」とは
  • 店舗申し込みのプランについてくる
  • いくつかのアクティビティから好きなものを無料でひとつ選べる
  • +4,000円払えば追加選択もできる
というものです。HISではLeaLeaトロリーがワイキキ周辺を網羅しているのですが、トロリーでは行きにくいところや長時間のアクティビティを楽しめるのが魅力となっています!

今回は何が変わったの?

そんな「レアレアプラス」ですが、時々内容がリニューアルされていっています。前回ご紹介した2020年頭時点での「レアレアプラス」はこちらでした。
A.ハレイワシャトル
B.カイルアシャトル
C.ハナウマ湾シャトル
D.タンタラス夜景シャトル
E.マカプウハイキングシャトル
F.ロック・ア・フラショー入場券
G.ビーチでヨガレッスン
H.LeaLea英会話

こちらに今回「D.ワイケレ・アウトレット・シャトル」が追加になっています。これは2019年時点のレアレアプラスには存在していたので復活ということになります。

では、「ワイケレ・アウトレット・シャトル」の詳細を見ていきましょう!

「ワイケレ・アウトレット・シャトル」とは?

まずは、「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」の場所はこちらです!

ワイキキの中心からは車で30分くらいの距離ですね。

なお、「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」の出店リストはこんな感じです。

やはりアメリカのブランドが多いですが、アウトレットなのでアラモアナセンターで買うより安いんじゃないでしょうか。

「レアレアプラス」のツアーでは、ロイヤルハワイアンセンターから「8:40」と「10:30」に出発する2プランがあり、それぞれ5時間、3時間半、現地に滞在できます。食事をできるお店もいくつかあるようなので時間的には余裕ですね~

※2020年3月28日時点では、コロナ騒動でほとんどお店はクローズしています。

オススメランキング!

では、「ワイケレ・アウトレット・シャトル」が追加になった2020年版の「レアレアプラス」のオススメランキングを発表します!前回から1つ追加になっただけなので、大きな変動はありませんでした!

前回のオススメランキングが、
8位「LeaLea英会話」
7位「ロック・ア・フラショー入場券」
6位「タンタラス夜景シャトル」
5位「ビーチでヨガレッスン」
4位「マカプウハイキングシャトル」
3位「カイルアシャトル」
2位「ハレイワシャトル」
1位「ハナウマ湾シャトル」
となっていましたので、「ワイケレ・アウトレット・シャトル」は前回5位の「ビーチでヨガレッスン」と4位の「マカプウハイキングシャトル」の間としたいと思います。

9位「LeaLea英会話」
8位「ロック・ア・フラショー入場券」
7位「タンタラス夜景シャトル」
6位「ビーチでヨガレッスン」
5位「ワイケレ・アウトレット・シャトル
4位「マカプウハイキングシャトル」
3位「カイルアシャトル」
2位「ハレイワシャトル」
1位「ハナウマ湾シャトル」

となりました!ショッピングがお好きならばもう少し上位にランクインされるかもしれませんねー

まとめ

以上、2020年版の「レアレアプラス」について、プチリニューアルとランキング変更についてまとめました。

これからも「レアレアプラス」の更新を追っていきますので、皆様が選ぶ時のご参考にしていただければと思います!

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!


ハワイ準備まとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

HISの店舗申し込みツアーに無料でついてくる選べるオプショナルツアー「レアレアプラス」の内容が2020年に向けてリニューアルされていましたのでご紹介します!ハワイ初心者の方は「どれを選んだらいいんだろう??」と迷ってしまうと思いますので、ご参考になさってください。勝手にランキングもつけています~

2019年版についての記事はこちらです!



レアレアプラスの概要

ご存じの方も多いと思いますが、HISの選べる無料オプショナルツアー「レアレアプラス」とは
  • 店舗申し込みのプランについてくる
  • 8つのアクティビティから好きなものを無料でひとつ選べる
  • +4,000円払えば追加選択もできる
というものです。HISはワイキキ周辺を走るLeaLeaトロリーのルートが充実していますが、トロリーでは行けないところや長時間のアクティビティを楽しめるのが魅力となっています!

2019年と何が変わったの?

そんな「レアレアプラス」ですが、時々内容がリニューアルされていっています。

ちなみに、2019年に選べたツアーはこれでした。
A.ハレイワシャトル
B.カイルアシャトル
C.ハナウマ湾シャトル
D.タンタラス夜景シャトル
E.カカアコシャトル
F.ロック・ア・フラショー入場券
G.ワイケレ・アウトレット・シャトル
H.マカプウハイキングシャトル

そして、2020年の「レアレアプラス」はこちらに変更になっています!
A.ハレイワシャトル
B.カイルアシャトル
C.ハナウマ湾シャトル
D.タンタラス夜景シャトル
E.マカプウハイキングシャトル
F.ロック・ア・フラショー入場券
G.ビーチでヨガレッスン
H.LeaLea英会話

「カカアコシャトル」「ワイケレ・アウトレット・シャトル」がなくなり、「ビーチでヨガレッスン」「LeaLea英会話」に変更になっています!

カカアコは未だに人気のエリアなので廃止される理由があまりないと思うのですが、LeaLeaトロリーで行くこともできるので、わざわざレアレアプラスで選ぶ人が少なかったのかもしれませんね~

ワイケレアウトレットは行ったことないのでちょっと分かりません。利用者が少なかったのでしょうか??

では、今回追加された2つを見ていきましょう!

「ビーチでヨガレッスン」

まずは、ビーチヨガです。これは、朝7時にホノルル動物園入口に集合し、ワイキキビーチで75分ほどヨガを体験するというプログラムです。ホノルル動物園の場所はこちらです。

シェラトンワイキキからだと徒歩で15分くらい、モアナサーフライダーだと10分くらいの距離ですね。

通常のオプショナルツアーだと$20のものが、「レアレアプラス」なら無料で体験できます。こちらが通常のオプショナルツアーです。


なお、「レアレアプラス」「ビーチでヨガレッスン」ですが、2018年の時には含まれていたので、今回初登場というわけではありません。

「LeaLea英会話」

こちらはおそらく初登場だと思うのですが、「LeaLea英会話」です!今までの「レアレアプラス」とはちょっと雰囲気の違うものを追加してきましたね~

この「LeaLea英会話」、パンフレットには
「ネイティブイングリッシュスピーカーから旅行英会話を学べる!」
という、そのまま的なキャッチコピーが使われています。

なお、曜日によってレッスンの内容が異なり、
月水金:レストランやショッピング、道の聞き方など旅行中に便利な英会話
火木:ハワイのことや滞在中の話などフリートークで英会話
となっています。

ただ、いずれも所要時間が1時間程度なのでちょっと短いですね…。

レッスンの場所は「ワイキキビジネスプラザ7F」です。場所はこちらです!

「H&M」の入っているビルですね~

オススメランキング!

では、2つのアクティビティが変更になった2020年版の「レアレアプラス」のオススメランキングを発表します! あくまで独断ですが…。


8位(初登場)
「LeaLea英会話」
今回新しく追加されたのですが、わざわざハワイで英会話をやらなくてもいいかな、と思います。せっかくの貴重なハワイの時間を別のことに使った方がいいです。最近はスマホのGoogle翻訳も優秀ですしね~



7位(前回8位)
「ロック・ア・フラショー入場券」
前回からワンランクアップですが、英会話よりはハワイっぽいかな?という理由です。場所がロイヤルハワイアンセンターなので、小さなお子様連れにはよいかもしれません。



6位(前回7位)
「タンタラス夜景シャトル」
こちらも英会話に押されてワンランクアップですが、相変わらずタンタラスの丘の滞在時間が15分と短いのが気になります。



5位(初登場)
「ビーチでヨガレッスン」
天気が良ければ朝からビーチヨガで爽やかな気分になれると思います。ただ、ホテルによっては無料プログラムでヨガが付いていたりしますので、それとの兼ね合いでしょうか。



4位(前回6位)
「マカプウハイキングシャトル」
マカプウですが、前回のハワイツアーで行ってみたところ、思っていたよりも良かったのでランクアップしました。内容はこちらの記事をご覧ください!




3位(前回3位)
「カイルアシャトル」
「ホールフーズマーケット」やパンケーキで有名な「ブーツアンドキモズ」に行くことができるのでオススメです。+4,000円でレンタル自転車をつけてカイルアビーチに行ってみるのもいいですね!



2位(前回2位)
「ハレイワシャトル」
オールドハワイアンの街、ハレイワはやっぱりおススメです。前回は「ハレイワボウルズ」に行き、青いアサイーボウルを食べてきました!また行きたいですね~
IMG_20190623_132505-20190630


そして、「レアレアプラス」2020年版でのオススメ1位は…!




1位(前回1位)
ハナウマ湾シャトル
という事で、やっぱりハナウマ湾シャトルが1位となります。お子様連れでも楽しめると思いますし、何より自然保護区なので海がきれいです。これに+5,000円でカイルア滞在をつけて丸1日のコースにするのもいいですね~

まとめ

以上、2020年版の「レアレアプラス」について、変更点とオススメランキングをまとめました。「LeaLea英会話」が追加されたのはちょっと「??」マークがつきますが…。

これからも「レアレアプラス」の更新を追っていきますので、選ぶ時のご参考にしていただければと思います!

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

今年のハワイツアーもHISで行ったんですが、無料の「レアレアプラス」は「マカプウハイキング」にしてみました!レアレアプラスの選択に迷われている方のご参考になれば嬉しいです!


レアレアプラスとは?

まず、「レアレアプラス」についてですが、当ブログでも何度か紹介しています。

ざっくりいうと、HISで店舗でツアー申し込みをしたときに無料でつけることが出来る無料のオプショナルツアーですね。

上の記事でも紹介しているようにコースが8つもあるので、ちょっと迷ってしまうかも知れません。この「レアレアプラス」で今回は「マカプウハイキング」を選択してみた!というわけです。

マカプウハイキングのスケジュールは?

「マカプウハイキング」のスケジュールはこうなっています!

10:40頃
・ロイヤルハワイアンセンター出発

11:00頃
・マカプウ岬到着→ハイキング開始

13:00頃
・マカプウ岬出発

13:40頃
・ロイヤルハワイアンセンター到着

結構シンプルなツアーだと思います。なお、ロイヤルハワイアンセンターの出発はABCストアのすぐ横で、ハワイ到着初日に空港から到着するのと同じ場所です。

また、マカプウ岬まではツアーバスで案内されますが、特にガイドさんがつくわけではなく、それぞれが自由に行動して、出発時刻までにバスに戻ってくるというものです。

実際行ってみた!

では、「マカプウハイキング」のレポートです。

まず、この看板がある辺りでツアーバスを降ろされます。
DSC_5115-20190915
ここから駐車スペースを通って進んで行きます。バスの運転手さんは特になにも指示せずに行ってしまったのでちょっと迷いました…。
GH010878_Moment_Moment-20190915
結構クルマがたくさん停められていましたね。その後、案内板が出てきます。
DSC_5117-20190915
どうやら道の途中で二手に分かれていて、片方はペレの椅子、もう片方は展望台に向かっているようです。ちょっと時間が読めなかったので展望台に向かいました。

このように舗装された道を上がっていきます!
GH010882_Moment_Moment-20190915
ちょっとドンヨリしてますが、天気が良ければもっと爽やかなんじゃないかと思います。ただ、歩いていると結構暑かったですね~ 
DSC_0053-20190915
さらに上がっていくと、海岸線になります。
DSC_0043-20190915
季節によってはクジラも見られるみたいです。
DSC_0054-20190915
なお、途中600mくらい上がったところにちょっと見晴らしのいいところがあるのですが、そこはゴールではないので注意です。簡単にマップに書いてみました!
map
このような手すりのある展望台がゴールとなります!
GH010895_Moment_Moment-20190915
このような見晴らしです!マカプウビーチが見えますね。
IMG_20190624_115756-20190915
小さな島も見えます。
IMG_20190624_115751-20190915
天候によりますが、ここまで上がってくるのに結構汗だくになりました。ゴール地点は風通しがいいので爽やかでした!

注意点

では、「マカプウハイキング」の注意点です。

【スニーカーなどの歩きやすい靴で!】
舗装されているとはいえ上り坂ですし、ビーチサンダルでは厳しいと思います。
【日焼け対策が必須!】
特に日差しを遮るようなものは無いので、日焼け対策は必須です。
【意外と距離が長い】
片道でも距離は2km以上ありそうなので、割と時間がかかります。帰りは下りで早めに戻れますが、ゆったりしているとバスの時間に間に合わない可能性もあります。
【トイレがない】
現地にはトイレがありません。ちょっとそれっぽい建物はあったのですが、道を外れて降りていくような場所にあったので未確認です。無いと思っていたほうがいいですね
【飲食物は買えない】
ツアーバスの中でミネラルウォーターが一本もらえますが、食べ物や飲み物を買える場所はないので必要なら予め買っておく必要があります。

まとめ

以上、「レアレアプラス」で無料で行くことが出来る「マカプウハイキング」についてレポートしました!ちょっとした難点はいくつかありますが、自然を体感することは出来ると思います。また、外国人でベビーカーを押している方もいたので、無理にゴールを目指さなければ楽に楽しめるかも知れませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

HISのカタログで申し込めるツアーには「レアレアプラス」という無料オプショナルツアーをつけることができます。以前もご紹介しましたが、ちょっと内容が変更されていましたのでご紹介します。最後に勝手にオススメランキングも付けましたので、よろしければご参考になさってください!




ハレイワシャトル

「オールドハワイを感じるサーフタウン」ハレイワを散策できるツアーです。

ハレイワの街には、ガーリックシュリンプの「ジョバンニ」や、「マツモトシェイブアイス」などの有名店が多くありますが、街自体ワイキキと違って、オールドハワイアンの雰囲気を漂わせています。ハレイワの街には2時間滞在できるので余裕をもって散策ができると思います。

また、ハレイワの道中には「ドールプランテーション」があって、このツアーには立ち寄りが含まれています。ドールは20分の滞在ですが、美味しいパイナップルソフトクリームを食べることができると思います。
View this post on Instagram

From the source

Ryan McNealさん(@ryanpatrickmcneal)がシェアした投稿 -



カイルアシャトル

「注目を集めるオシャレなショッピングタウン」カイルアを散策できるツアーです。

カイルアの街には人気の「ホールフーズ」があります。また「ターゲット」「ロングスドラッグス」といった大型のお店がありますし、小さなお店も多くあるのでショッピング好きな方にはオススメです!また、マカダミアナッツソースのパンケーキで有名な「ブーツアンドキモズ」もあります。

レンタサイクルを使えば、綺麗なラニカイビーチに行くこともできますよ!

ハナウマ湾シャトル

こちらは、熱帯魚がたくさん泳いでいるハナウマ湾に行けるツアーです。ハナウマ湾は「海洋自然保護区」に指定されていて、もの凄くきれいなビーチです。

シュノーケルレンタルは「+5,500」で追加可能、さらにカイルア散策も「+7,500」で追加可能です。

僕らも以前のツアーで行ったのですが、海中の魚が触れそうなところを泳いでいてワイキキとは違うなぁ!と感動しました。
DSC_0957

タンタラス夜景シャトル

こちらは、タンタラスの丘から夜景を眺めるツアーです。タンタラスの丘はこちら。


夜景はこんな感じで見ることが出来ますよ!
DSC_4461-20190113
晴れていれば星も見られますが、ただし、タンタラスの丘の滞在時間が15分しかないのがネックですね…。

カカアコシャトル

続いては、少し前からテレビや雑誌などでよく取り上げられている「カカアコ」地区に行くシャトルです。このツアーでは、タンタラスの丘もコースに組み込まれていますが、こちらは夜景ではなく昼景です。カカアコ地区はこちら。

「有吉の夏休み」で有吉さんたちが訪れていたウォールアートがあるのもカカアコです。

また、クラフトビールが飲める「ホノルルビアワークス」や、人気のカフェ「ARVO」もこの近くにあります。カカアコの滞在時間は1.5hあるので効率よく回れば色々楽しめると思います!

ロック・ア・フラショー入場券

こちらは「ワイキキ最大のハワイアンショー」を見ることが出来るチケットです。ワイキキの中心、ロイヤルハワイアンセンターの4Fで開催されるショーですね。ロイヤルハワイアンセンターのHISカウンターの上階にあります。

正直、見たことがないのでどんな感じなのかは分かりません…。

ワイケレ・アウトレット・シャトル

こちらが直近で新登場したツアーです。「2019年4月以降」の申し込みが可能になります。その名の通り、ハワイ最大級のアウトレットモールに送迎してくれるプランです。場所はこちら。

こちらのアウトレットではアメリカのブランドを多く扱っているので、割引率がいいようですね。

このツアーでは、朝8時40分からと9時15分からのプランがあり、それぞれ5時間、4時間アウトレットに滞在できます。ほぼ丸一日ですね。

マカプウハイキングシャトル

こちらは、「人気のマカプウ岬で気軽に自然を楽しめる」ツアーです。冬季ならクジラを見ることもできるようです。場所はこちら。

マカプウ岬には大体2時間ちょっと滞在し、奇岩「ペレの椅子」や灯台などを見ながらハイキングが出来ます。

私的オススメランキング!

という事で、8つのツアーをご紹介しました!「色々あってよくわからない!」という方のために当サイトが独断で選んだオススメランキングを発表します。

8位
「ロック・ア・フラショー入場券」

ハワイっぽいといえばハワイっぽいのですが、ロイヤルハワイアンセンターだし、ちょっと勿体ないかなぁと思います!

7位
「タンタラス夜景シャトル」

タンタラスの丘から見える夜景は素晴らしいのですが、滞在時間が15分とちょっと短すぎやしませんか…。という事でこの順位です!

6位
「マカプウハイキングシャトル」

ハワイの海岸線を自分の足で歩きたい、という方にはいいかもしれませんが、舗装されている道を歩くのでちょっと魅力不足かなと思います。

5位
「ワイケレ・アウトレット・シャトル」
こちらはショッピング好き、アウトレット好きの方なら順位が変わってくるかもしれません。ワイケレは場所的にちょっと行きづらいところにあるので、新規開拓という意味ではよいかもしれません。ただ、アラモアナでもいいんじゃないかなぁと思います。

4位
「カカアコシャトル」
人気のカカアコ地区ですが、わざわざこのツアーで行かなくても、実はHISの無料トロリー「レアレアトロリー」で行くことができます。トロリーなら時間も比較的自由なので、プランが立てやすいかと思います。ただ、カカアコは街としては面白いのでこの順位としました!

3位
「カイルアシャトル」
ここからの3つはなかなか順位が付けづらいです…。なお、カイルアの目玉となっていた「ホールフーズ」ですが、昨年「ホールフーズマーケットクイーン」がワイキキの比較的近くにオープンしたことでその部分のポイントが少し減りました。ただし、「ブーツアンドキモズ」は確か現時点で他の場所に出店していないはずなので、マカダミアナッツパンケーキを食べたい方はぜひ!美味しかったですよ~

2位
「ハレイワシャトル」

ハレイワの街自体、ワイキキとは違う雰囲気で楽しめます。また、モヤさまで人気の「マツモトシェイブアイス」に行くことができますし、道中に寄るドールプランテーションのアイスもまた食べたいと思ったので、2位にしました!

1位
「ハナウマ湾シャトル」
という事で、ハナウマ湾シャトルが1位です!上にも書きましたが、「自然保護区」ということで入場制限をかけていますから、海も砂浜もきれいです。魚たちも手を伸ばせば触れそうなところを泳いでいます。シュノーケルは必須ですね!僕が行けるならもう一度ハナウマ湾に行きたいと思っています!

まとめ

という事で「レアレアプラス」についてまとめました。なお、このランキングについては、「何回目のハワイか」「子連れかどうか」など色々な条件で変わってくると思います。HISのパンフレットをよく読んで検討してみてくださいね~

続きます!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

HISの店頭申し込みのツアーでは「レアレアプラス」という無料のアクティビティをつけることができます。

http://www.his-j.com/tyo/tour/hawaii/only_activities.html

A.カイルアシャトル
B.カカアコシャトル
C.ハナウマ湾シャトル
D.タンタラス夜景シャトル
E.ロック・ア・フラ ショー入場券
F.ビーチでヨガレッスン
G.マカプウハイキングシャトル


から、一つを選べるようになっています。

初めてハワイに行く場合はどれにするか迷ってしまいそうです。

ちょっと検討してみましょう!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ