こんにちは。

HISの店頭申し込みツアーで無料でレンタルできる「スマートワイフォン」について以前書きました。

今回もレンタルしましたので情報を追加したいと思います!



スマートワイフォンはこんなもの

以前の記事では写真がなくてすみません。今回は写真を撮ってきました。
今回レンタルした「スマートワイフォン」はこんな見た目でした~
DSC_0121
スマートワイフォン本体(Galaxy)と、USB充電アダプタ、ケーブルがセットになっています。

事前にレンタルを申し込んでいる場合は、こんな流れで借りることになります。

ホノルル空港到着

HISの送迎バスでワイキキへ向かう

ロイヤルハワイアンセンターのHISカウンターに集合

スマートワイフォンカウンターでレンタル手続き

使用開始!


なお、レンタル手続きの際は、姓名やクレジットカード情報、日本での電話番号を書く必要があります。

また、その際、注意事項として
動画を視たりアップロードしたりすると通信容量制限に引っかかるからホテルのWi-Fiでやってね
ということを言われます。

実際、僕らは問題なかったですが、制限解除には手続きがめんどくさそうなので、スマートワイフォン経由で動画をみたりテレビ通話をしたりはしないほうがよいと思います!


返却時のちょっとしたワナ

今回、往復ともANAだったのですが、帰国の手続きの際にちょっとしたワナがありました。

ワナというのは、ホノルル空港でスマートワイフォンの返却ボックスがJALカウンターの方にしかないことです。

つまり、ANAでチェックインした場合、JALカウンターの方まで歩いて行って返却ボックスに投入する必要があります。そんなに大した距離ではないですが、チェックインの手続きが遅れていた場合はバタバタするので要注意です。
DSC_0317
返却自体は、こんな感じでポストに入れるだけなのでとても簡単です。念のため、袋の中に私物が入っていないかは確認したほうが良さそうです。

なお、返却はワイキキのHISカウンターでも出来るので、ANA便の方はワイキキにいるうちに返却をしておくのが良いかもしれません。

その他気づいたこと

前回の記事と少し重複しますが、その他気づいたことをまとめます!

【モバイルバッテリー必須】
スマートワイフォンでWi-Fiテザリングをしているので、電池が早めになくなります。

ホテルで充電すればいいのですが、もし充電を忘れても、モバイルバッテリーを持っていれば充電できます。

僕はこれを持っていきました。

>Anker PowerCore 10000 (10000mAh 世界最小最軽量* 大容量モバイルバッテリー)マット仕上げ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】*2016年1月末時点

価格:2,999円
(2017/3/26 08:30時点)
感想(145件)



【通話機能はあまり使わない】
アメリカ国内の通話が無料ですが使いませんでした。お店の予約等はホテルのフロントでお願いすることもできますし。

【日の出日の入りのアプリ】
冬の時期にはワイキキビーチからサンセットを見ることができます。その方向を知るためのアプリが入っていたので数回使いました。

【たまにつながらなくなる】

回線が混雑するからだと思いますが、ランチやディナーの時間は接続できなくなることがあります。この辺は日本の格安SIMを使っているときと同じ感じですね。おとなしく待ちましょう…。


スマートワイフォン、今回もかなり使いました。
ただ、ホノルル空港の返却がJALカウンターでしかできないのがちょっとアレですね。

とはいえ、HISの店頭申し込みツアーの場合は無料で付いてきますので、申し込まない手はないです!

【追記】スマートワイフォンのサービスに変更がありました。こちらをご覧ください!


最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!