ハワイ準備まとめ

ロクに海外も行ったことなかった僕が、ハワイに行くために準備したこと、実際行って良かったこと、
ハワイを扱ったテレビネタなどをまとめてます。みなさんの参考にしていただけると嬉しいです!


こんにちは!

日本から8時間ほどかけてハワイに到着したその日、つまり到着した日をどのように過ごすかで、そのツアー全体がどうなるかが決まる!といってもいいんじゃないでしょうか?ちょっと大げさですかね…

今回は、僕らがハワイに行ったときに初日をどのように過ごしているかをご紹介したいと思います。あくまでモデルコースですが、皆様の旅のご参考になれば幸いです!

なお、前提としては「旅行会社のツアー参加」「ワイキキ周辺宿泊」です。


飛行機の中の過ごし方

まずは、日本からハワイへの飛行機の中でどう過ごすか?です。これによって、ハワイ到着日の動きも変わってきますからね~!

【できるだけ寝ておく】
「ハワイが楽しみで眠れない!」とテンションが上がって、「機内のエンタメを楽しみまくり一睡もできなかった!」というのはかなりその後の展開が割とハードになります

日本を経つのが22時くらいだとすると、ホノルル到着は現地時間の朝10時あたりです。時差はマイナス19時間ですから、日本時間だと早朝なのでそれほど体感差は無いと思いますが、機内で一睡もしないと徹夜でハワイの強い日差しを浴びることになるのでツライです。できるだけ寝ましょう。

【お酒は控えめに】
機内ではお酒も飲めますが、ここは控えめにしておくことをオススメします。気圧が低いので地上より酔いますし、睡眠も浅くなります。「到着したら飲む!」とお楽しみをとっておきましょう。

【ハミガキする】
ハワイ到着前に機内でハミガキをしておくのもオススメです。ハミガキすることで気分がスッキリします。機内に歯ブラシセットが用意されていると思いますが、数がなくなってしまうこともあるので、自分のものを持ち込んでおきましょう!

空港からワイキキまで

さて、ホノルル空港(ダニエルKイノウエ空港)に到着して、入国審査を済ませたらワイキキまで移動します。

HISやJTB、JALパック等で空港からワイキキまでの送迎が付いているプランなら、集合場所に移動しましょう。それ以外の場合はタクシーなどでの移動になりますね。

【移動中に寝ない】
その際の注意点は、「移動中に寝ない」です。飛行機の疲れと、ハワイに到着した安心感、気候の良さ、クルマの揺れなどでかなりの確率で眠くなります 分かります。

なお、HISでは、バスの中で旅行中の注意点を説明するビデオが流れますので、初めての方は見ておいたほうがいいです。初めて以外の方でも、クルマでがっつり寝てしまうとその後ボーッとしてしまいがちです。頑張って起きているようにしましょう!

ワイキキに到着したら

ワイキキに到着したら、旅行会社のカウンターで書類やWi-Fiのレンタル、オプショナルツアーの予約などを行います。なお、HISでは「スマートチェックイン」があって、わざわざホテルのフロントに行かなくてもチェックインできるサービスがあります。とはいえ、すぐにホテルの部屋に入れるわけではないので、少しワイキキをブラブラしましょう。

いきなりトロリーに乗って、どこかに移動するのはあまりオススメしません。初日は余裕を持って過ごしたいですね~

まずはランチから!

色々手続きが終わると、だいたいお昼くらいの時間になっていると思います。機内で簡単な朝食を食べているかも知れませんが、とりあえずランチを食べましょう。

そこでオススメなのが、
【ウルフギャング・ステーキハウスのハッピアワー】
です。何度かブログでもご紹介している定番中の定番の熟成肉のお店です!

ウルフギャングは、HISデスクがあるロイヤルハワイアンセンターの中にあるので、歩いて行けます。あと、ハッピーアワーは元々予約ができないので、入国手続きやデスクでの手続きでちょっと時間が読みにくい初日に行くのがオススメです。

熟成肉だけでなく、ビールやワインも比較的リーズナブルに飲めるので、機内で飲めなかった分を取り返してやりましょう

もし、ウルフギャングが凄く混んでいた場合は、別のお店にするのもオススメ。フードコートもありますし、ウルフギャングの姉妹店「イル・ルピーノ」でも熟成肉を食べられますよ!

ワイキキを街ブラ

さて、ランチでお腹が満たされたらワイキキをブラブラしましょう!

一旦ホテルの部屋に行ってみるのもいいと思いますが、ここで注意しなくては行けないのがベッドに寝ない!ことです。お腹もいっぱいで、少しお酒が入っていたりするとそのまま寝てしまう可能性が!「目が醒めたら夜中だった…」というのが最悪なケースです。

荷物を簡単に開いたり、少しラナイに出たりするくらいにして、すぐに街ブラに出発するのがオススメです!

【ワイキキビーチ】
とりあえず、ご挨拶的にワイキキビーチに向かうのもアリです。デュークカハナモク像を見たりするのも良いですね~ 海に入らなくても日焼け止めは忘れずに…。


【バナン】
一時は閉店していた、ワイキキビーチの「バナン(Banan)」が復活していますので、行ってみるのもいいと思います。お腹に余裕があれば食べたいですね~



【ABCストア38号店】
こちらも当ブログで何度もご紹介しているABCストアです。とにかく品揃えが多くて、デリも併設されている大きなABCストアですね。ワイキキに行くときは必ず行っています!


【ロングスドラッグス】
アメリカのドラッグストアですが、お土産やサプリ、お酒も売っているので見るだけでも楽しめますよ~ こちらもロイヤルハワイアンセンターから歩いていける距離です!


到着日のディナーは

街ブラをして、サンセットの時間が近づいてきたらディナーのお店に向かいましょう。

【マイタイバー】
ピンクパレスでお馴染みの「ロイヤルハワイアンホテル」にある「マイタイバー」がオススメです!

こちらはバーですが、フードも色々ありますので、マイタイを飲みながらゆっくりするのがいいですね~。雰囲気いいですよ~
DSC05147-20191013
もし、マイタイバーがいっぱいの場合は、「モアナ・サーフライダー」のビーチバーもオススメです。場所はこちら!

こちらも生演奏などがあって、雰囲気がいいですよ。

雰囲気を楽しんだら、翌日に備えて早めにホテルに戻って寝てしまいましょう。

まとめ

以上、オススメの「ハワイ到着日の過ごし方」をまとめてみました!ポイントは
  • 機内では寝る
  • 到着したら夜まで絶対寝ないようにする
  • ワイキキ周辺で過ごす(遠くには行かない)
  • 初日はさっさと寝る
あたりです。「絶対寝ないようにする」のは時差ボケ解消のためで、翌日に影響するので最重要ポイントです。あと、主にワイキキ周辺で過ごしているのは、いきなりトロリーにガンガン乗ったりするとスケジューリングが慌ただしくなりますし、初日は体力を温存して翌日以降に全力で楽しめるようにするためです。ご参考になれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!


こんにちは!

2019年ももう10月ですね。ということで、来年2020年のハワイ旅行についてJTBとHISのガチンコ比較を行ってみたいと思います!料金面ももちろんですが、サービス面も比較して、最終的には勝者を決定します!

当ブログではHISを推すことが多いのですが、最新の比較ではいかがでしょうか!?
(あくまで個人調べです。間違いの無いように努めますが、間違いがあった場合はご容赦ください…

まずは比較の条件決め

まずは、比較の条件を決めました。
  • 出発日は2020年4月4日(土)
  • 成田出発
  • 日程は5泊7日
  • ホテルはシェラトン・ワイキキ
  • 部屋は「20階以上オーシャンフロント」
こんな感じで行ってみたいと思います!春休みとGWを避けて、雨季も終わっているであろうという想定です!

なお、JTBもHISもネット申込みではなく、パンフレットのツアー申込みを前提にしています。ネット専売ツアーはたまに異常に安いツアーが出るのですが、必要なオプションが有料になったりすることもあるので、結局パンフレットの方がオススメです!

では、各項目で比較していきましょう!

航空会社はどう?

まずは、「航空会社」の比較です。

JTB、HISともにデフォルトの航空会社は「ハワイアン航空」となっています。ハワイアン航空を利用する場合は料金表の通りですが、JALにアレンジする場合はこんな感じになります!

【JTB】基本料金+1.3万円
往路:成田20:10(or 22:00)→08:30(or 10:05)ホノルル
復路:ホノルル14:40→18:30成田(JL789)

【HIS】基本料金+1.2万円
往路:指定不可。指定する場合は+0.3万円
復路:ホノルル14:40→18:30成田(JL789)

復路、つまりハワイからの帰りはJALで最も遅い便にして、最終日の朝食も楽しめるようにしています。この比較では一見するとJTBのほうが高いのですが、日本出発の時間をなるべく遅くしたいとか早くしたいとかそういう希望がある場合は、JTBのほうが安くなりますね

ホテルの特典内容は?

続いて、「ホテルの特典内容」の比較です。

これは、ホテルで支払いに使えるギフトカードがもらえたり、無料でディナーを楽しめたりする特典です。それぞれ特徴的なものをピックアップすると…

【JTB】「レアヒ・クラブ・20階以上・オーシャンフロント」
ギフトカード:$50分
ルックJTBルアナラウンジ利用:無料

【HIS】「レアヒクラブ オーシャンフロント20階以上」
ギフトカード:なし
LeaLea BBQ付き

いずれも「レアヒクラブ」というシェラトン・ワイキキの最上階にあるラウンジを使うことが出来るプランですね。こちらの記事で書きましたが、このラウンジが素晴らしいのでせっかくなら使えるプランにしたいところです。

なお、JTBでは23階がJTB専用フロアになっていて専用のルアナラウンジも使える、といったあたりがホテルとのつながりの深さを感じさせますね~

無料オプショナルツアーはどう?

続いて、「無料オプショナルツアー」の比較です。

滞在中は様々なツアーに参加すると思いますが、できるだけ追加料金無しで楽しみたいというのが正直なところだと思います。それぞれの無料オプショナルツアーを比較してみると…

【JTB】‘OLI‘OLIフットワーク
  1. オアフ島東海岸&絶景ホッピングバス
  2. オアフ縦断バス
  3. ワイキキ遊覧船
  4. カイルア行きシャトルバス
  5. ‘OLI‘OLIシャトルワイケレ
【HIS】レアレアプラス
  1. ハレイワシャトル
  2. カイルアシャトル
  3. ハナウマ湾シャトル
  4. タンタラス夜景シャトル
  5. カカアコシャトル
  6. ロック・ア・フラ®ショー入場券
  7. ワイケレ・アウトレット・ シャトル
  8. マカプウハイキングシャトル
大体、行き先は似たような感じですが、HISのほうがバリエーションが豊富ですね。HISには他にも時期限定で、
  • LeaLeaグランピング
  • LeaLeaホエール・ウォッチング
  • LeaLea貸切トレイン
  • LeaLea貸切トレイン&ドルフィンウォッチング
  • LeaLeaタートル・ラグーン
  • LeaLeaウエスト・オアフ・ライン
というものも催行しているので、無料オプショナルツアーという意味ではHISの圧勝と言っていいと思います!

また、HISでは「レアレアトロリー」がかなり縦横無尽に張り巡らされていますので、うまく使えば無料で観光スポットを効率よくまわることもできます。

もちろんJTBもトロリーを走らせていますが、カバー範囲の広さではHISにはかなわないですね…。

ただし!JTBでは「オリオリタクシー」というサービスがあって、カハラから出雲大社まで何度でもタクシーに乗り放題になります!これを使えば追加料金もチップも不要で自由に移動でき、トロリーの運行エリアの狭さをカバーできます。コレなかなかいいんじゃないでしょうか!

で、ツアー総額はいくらになるの?

色々比較してきましたが、結局「総額いくら?」という比較をしてみましょう!

【JTB】
料金区分:B区分
部屋タイプ:「レアヒ・クラブ・20階以上・オーシャンフロント」
42万円
→180日前申し込みで 39万円


【HIS】
料金区分:D区分
部屋タイプ:「レアヒクラブ オーシャンフロント20階以上」
33万6800円
→120日前申し込みで 32万1800円

料金面で比較をすると、やはりHISが有利ですね~。こちらの料金に航空会社のアレンジ代などが追加されますが、それでも7万円近くの差額は大きいです!

ということで結論!

ということで、色々と検討した結果、やっぱりHISの勝利でしたー!それぞれの内訳は

「航空会社」:ほぼ互角
「ホテル特典」:JTB
「オプショナルツアー」:HIS
「ツアー総額」:HIS

となります。

「オプショナルツアー」で書いた、JTBの「オリオリタクシー」はうまく使えば、トロリーよりも効率よく観光スポットをまわれると思うのですが、いちいち電話やアプリで予約する必要があったりして、HISのトロリー停留所のきめ細やかさに軍配が上がるんじゃないでしょうか?

また、金額面も予想通りHISのほうがかなり安いですね!もちろん部屋タイプやホテルによって異なってくると思いますが、傾向は大きく変わらないはずです。

是非、店舗などでパンフレットを入手していただき、比較をしてみることをオススメします!

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!


こんにちは!

前回のオアフ島ツアーでは、「有吉の夏休み」などでもお馴染みの「ルースズクリスステーキハウス」ワイキキ店のプライムタイムに行ってきました!ロイヤルハワイアンセンターのウルフギャングなどにはよく行っているのですが、ルースズクリスは初めて行きました。結論からいうと最高!でした~

では、プライムタイムについてレポートしていきますので、ご参考にしていただければと思います!


ルースズクリスのプライムタイムって?

まず、「ルースズクリスステーキハウス」ワイキキ店の場所からご紹介しましょう。

ワイキキにあるショッピングセンター「ワイキキビーチウォーク」の2階にあるステーキハウスです。オアフ島には2店舗、ハワイ島やマウイ島にも店舗がありますし、日本にも1店舗あります。

で、そんな「ルースズクリス」の「プライムタイム」とは、ディナーの少し早めの時間(16時半~18時)に行くとお得なメニューを食べられるハッピーアワー的なものですね。2019年6月のプライムタイムメニューはこちらです!
IMG_20190626_165249-20190923
なお、今回は大人4人で行って「フィレ」と「リブアイ」を注文しシェアしましたが、十分な量でしたよ

あと、今回は予約せずに行ったところテラス席に通されまして、そこからの眺めはこんな感じです!
DSC_0226-20190923
雨降ってますが…

食べたものレポート!

では、「ルースズクリス」のプライムタイムをレポートしていきます!まずはサラダ2種からです!
2019-06-26-17-05-43-20190923
シーザーサラダ
2019-06-26-17-05-47-20190923
ステーキハウスサラダ

続いては、メインのステーキ!
2019-06-26-17-24-57-20190923
「フィレ」にシュリンプ(海老のグリル・ケイジャンスパイス風味)をトッピング!
2019-06-26-17-24-52-20190923
「リブアイ」のオスカースタイル(カニの身、アスパラガスとハーブ、スパイスを効かせたマヨネーズソース風ベアルネーズソースをステーキにのせたもの)

他にもパン、付け合せのマッシュポテト、ほうれん草のクリーム似が付いてきます。

デザートはこちら!
2019-06-26-18-29-10-20190923
シャーベット
2019-06-26-18-29-15-20190923
ホワイトチョコレートブレッドプディング

なお、今回はウエイターさんから「ストロベリーのチョコレートがけ」がサービスされました。こういうのが嬉しいですね!
IMG_20190626_183556-20190923

まとめ

以上、ワイキキの「ルースズクリスステーキハウス」のプライムタイムメニューをご紹介しました!ワイキキの中心にあってアクセスも非常にいいですし、水曜日はワインが25%オフになるキャンペーンをやってますので、ステーキとワインを十分に楽しめると思います。

なお、今回のお会計はワインボトル2本含めて$350ほどでした。今回は4人でシェアしていますので1人1万円くらいと思えば、ステーキのクオリティを考えるとリーズナブルだと感じました!

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!


こんにちは!

今年のハワイツアーもHISで行ったんですが、無料の「レアレアプラス」は「マカプウハイキング」にしてみました!レアレアプラスの選択に迷われている方のご参考になれば嬉しいです!


レアレアプラスとは?

まず、「レアレアプラス」についてですが、当ブログでも何度か紹介しています。

ざっくりいうと、HISで店舗でツアー申し込みをしたときに無料でつけることが出来る無料のオプショナルツアーですね。

上の記事でも紹介しているようにコースが8つもあるので、ちょっと迷ってしまうかも知れません。この「レアレアプラス」で今回は「マカプウハイキング」を選択してみた!というわけです。

マカプウハイキングのスケジュールは?

「マカプウハイキング」のスケジュールはこうなっています!

10:40頃
・ロイヤルハワイアンセンター出発

11:00頃
・マカプウ岬到着→ハイキング開始

13:00頃
・マカプウ岬出発

13:40頃
・ロイヤルハワイアンセンター到着

結構シンプルなツアーだと思います。なお、ロイヤルハワイアンセンターの出発はABCストアのすぐ横で、ハワイ到着初日に空港から到着するのと同じ場所です。

また、マカプウ岬まではツアーバスで案内されますが、特にガイドさんがつくわけではなく、それぞれが自由に行動して、出発時刻までにバスに戻ってくるというものです。

実際行ってみた!

では、「マカプウハイキング」のレポートです。

まず、この看板がある辺りでツアーバスを降ろされます。
DSC_5115-20190915
ここから駐車スペースを通って進んで行きます。バスの運転手さんは特になにも指示せずに行ってしまったのでちょっと迷いました…。
GH010878_Moment_Moment-20190915
結構クルマがたくさん停められていましたね。その後、案内板が出てきます。
DSC_5117-20190915
どうやら道の途中で二手に分かれていて、片方はペレの椅子、もう片方は展望台に向かっているようです。ちょっと時間が読めなかったので展望台に向かいました。

このように舗装された道を上がっていきます!
GH010882_Moment_Moment-20190915
ちょっとドンヨリしてますが、天気が良ければもっと爽やかなんじゃないかと思います。ただ、歩いていると結構暑かったですね~ 
DSC_0053-20190915
さらに上がっていくと、海岸線になります。
DSC_0043-20190915
季節によってはクジラも見られるみたいです。
DSC_0054-20190915
なお、途中600mくらい上がったところにちょっと見晴らしのいいところがあるのですが、そこはゴールではないので注意です。簡単にマップに書いてみました!
map
このような手すりのある展望台がゴールとなります!
GH010895_Moment_Moment-20190915
このような見晴らしです!マカプウビーチが見えますね。
IMG_20190624_115756-20190915
小さな島も見えます。
IMG_20190624_115751-20190915
天候によりますが、ここまで上がってくるのに結構汗だくになりました。ゴール地点は風通しがいいので爽やかでした!

注意点

では、「マカプウハイキング」の注意点です。

【スニーカーなどの歩きやすい靴で!】
舗装されているとはいえ上り坂ですし、ビーチサンダルでは厳しいと思います。
【日焼け対策が必須!】
特に日差しを遮るようなものは無いので、日焼け対策は必須です。
【意外と距離が長い】
片道でも距離は2km以上ありそうなので、割と時間がかかります。帰りは下りで早めに戻れますが、ゆったりしているとバスの時間に間に合わない可能性もあります。
【トイレがない】
現地にはトイレがありません。ちょっとそれっぽい建物はあったのですが、道を外れて降りていくような場所にあったので未確認です。無いと思っていたほうがいいですね
【飲食物は買えない】
ツアーバスの中でミネラルウォーターが一本もらえますが、食べ物や飲み物を買える場所はないので必要なら予め買っておく必要があります。

まとめ

以上、「レアレアプラス」で無料で行くことが出来る「マカプウハイキング」についてレポートしました!ちょっとした難点はいくつかありますが、自然を体感することは出来ると思います。また、外国人でベビーカーを押している方もいたので、無理にゴールを目指さなければ楽に楽しめるかも知れませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!


こんにちは!

HISのハワイ旅行では、無料で色々なオプショナルツアーに申し込むことができます。最近、新しいオプショナルツアーとして「LeaLeaグランピング」が登場したようなので、情報をまとめます!ご参考にしていただければ幸いです。

なお、HISのサイトに掲載されている「LeaLeaグランピング」の紹介文はこんな感じです!

東オアフの海を眺めながらBBQランチを楽しめるLeaLeaグランピング。
雄大なコオラウ山脈を背景に、オーシャンフロントの会場にあるテントでのんびりくつろぎながら、自然と共に過ごすハワイの休日は贅沢そのもの。会場ではフラレッスンをお楽しみいただけます。また、有料でグランピング会場から足を延ばして楽しめる様々なアクティビティも用意しております。

この内容について、深堀りしていきます!


グランピングとは?

ご存じの方も多いと思いますが、「グラマラス」+「キャンピング」の造語ですね。道具の用意をしたり、テントを張ったりしなくても、気軽にキャンプが楽しめるので最近人気のアクティビティです。

HISはここに目をつけて「ハワイ×グランピング」を無料で楽しめるオプショナルツアーとしてリリースしてきたというわけですね~ やりますね!

開催期間はいつ?

そんな「LeaLeaグランピング」、催行期間はこちらです!
  • 2020年1月7日~4月4日までの火・木・土
この期間内にHISのツアーでオアフ島に行く場合は申し込み可能です。ただし、ネットやチラシ限定の格安ツアーではおそらく申し込みできません。これは今までのHISの無料オプショナルツアーの扱いと同様です!

また、催行期間が結構短いですが、今のところ「2020年冬の特別企画」という事で、この期間が設定されているものと思われます。好評なら次のシーズンも延長されるかも知れませんね~

ちなみに、2020年1月にハワイに行く場合、12日以降だとHISの料金区分が「B」になるのでツアー自体もリーズナブルにすることができますよ~

開催場所はどこ?

「LeaLeaグランピング」が開催される場所はこちら!

現時点ではちょっと詳細は不明ですが、この地図の湾内沿いのエリアだと思われます。また、注意書きとして「現地では海水浴はできません」となっていますので、ビーチには近くないんじゃないでしょうか?

ツアーのスケジュールは?

「LeaLeaグランピング」の基本的な催行スケジュールはこちらです。ただ、ここに追加アクティビティを入れると結構複雑になることが分かりました!

7:30頃
・ワイキキ出発
8:30頃
・LeaLeaグランピング会場到着(フラレッスンなどの無料プログラム)
11:00~14:30頃
・BBQランチ(1グループ約60分)
・昼食後グランピング会場にて自由行動
15:30頃
・LeaLeaグランピング会場出発
16:30頃
・ワイキキ到着

以上が基本的なスケジュールです。ただし!HISの紹介文にもありますが、希望すればアクティビティを追加できるので、それによってBBQの時間が変動します。BBQランチが1グループ約60分、となっているのはそれが理由です。

つまり、
  1. 到着→1時間後にアクティビティ出発→帰ってきてBBQ→ワイキキ
  2. 到着→BBQ→1時間半後にアクティビティ出発→帰ってきてワイキキ
  3. 到着→BBQ→現地で3時間ほどくつろぐ→ワイキキ
のいずれかになるということです。3以外は、結構慌ただしい感じになりそうな印象です。

追加アクティビティはこんな感じ

そんな「LeaLeaグランピング」には無料、有料含めて追加できるアクティビティが4つあり、午前と午後で選べるものがちょっとだけ変動します。

※午前アレンジの催行時間 9:30~13:00
①カイルアタウン
②カイルアビーチ
③クアロア牧場

※午後アレンジの催行時間 12:30~15:00
①カイルアタウン
②カイルアビーチ
④カネオヘマリンアクティビティ

④の「カネオヘマリンアクティビティ」だけ、終わり次第ワイキキに直行になります。それ以外はBBQ会場に戻ってくることになります。

さらに①~④で選べるアクティビティの内容と料金は…

①カイルアタウン自由散策(無料)

②カイルアビーチ
・フリープラン 大人$45/子供(3~12歳)$39
・カヤックプラン $99

③クアロア牧場
・乗馬(10歳以上) $99
・映画ロケ地ツアー 大人$49/子供(3~12歳)$39

④カネオヘマリンアクティビティ
・ジェットスキー+シュノーケル+サンドバー 大人$70/子供(5~11歳)$60
・シーウォーカー+シュノーケル+サンドバー 大人・子供(5~11歳)$99
・シュノーケル+サンドバー 大人・子供(5~11歳)$49

となります。

追加アクティビティの中でオススメは?

以上の追加アクティビティの中から独断でオススメを挙げるとすると、

④→①→②→③


の順ですかね~。その理由としては、

④カネオヘマリンアクティビティ
「天使の海」と呼ばれるサンドバーで遊べる
①カイルアタウン自由散策(無料)
ホールフーズやブーツアンドキモズに行ける
②カイルアビーチ
圧倒的にきれいなビーチでゆっくりできる
③クアロア牧場
3時間ではちょっと物足りなさそう

です!

④は前に一度サンドバーに行ったことがありますが、シュノーケリングだけでも十分楽しめましたよ。ジェットスキーやシーウォーカーもやってみたいですね!

①は無料な上に、カイルアのホールフーズ、ターゲット、ブーツアンドキモズのマカダミアナッツパンケーキなどが楽しめるので行ったことが無い方なら楽しめると思います。

②のカイルアビーチは美しいビーチとして有名ですので、ビーチで遊びたい方にはオススメです。

③のクアロア牧場は、今年の「有吉の夏休み」でも行っていましたが、クアロア・ランチは広大なので丸一日かけてゆっくりと楽しみたいかな~と思ってこの位置にしました。

むしろ、「グランピング」ということなら、アクティビティは追加無しでまったり過ごすのが正解な気もしてきますが

注意点は?

以上、「LeaLeaグランピング」についてまとめてきましたが、注意点がいくつかあります!
  • グランピング会場では海水浴不可
  • アウラニ全泊、フォーシーズンズ全泊は参加不可
  • アクティビティ追加で結構慌ただしくなりそう
  • 逆に追加しないと時間が余りそう
後半2つは割と悩ましいところですね~。カネオヘのサンドバー体験は、グランピング会場から割と近いので移動時間もそれほどではなさそうですが、クアロア牧場は少し離れています。

逆に、何もアクティビティを追加しない場合は、3時間ほどグランピング会場で過ごすことになるのでBBQが終わった後に何をするか考えておかないといけないかも。

グランピング会場の詳細が現時点ではよくわからないのですが、歩いていける距離になにか観光できるスポットがあれば良さそうですね~


以上、「LeaLeaグランピング」についてまとめてみました!来年前半にハワイ旅行を計画されている方は検討されてみてはいかがでしょうか?

「LeaLeaグランピング」の紹介ページはこちら!


最後までお読みいただきありがとうございます!

ALOHA!

ハワイブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
応援いただけると励みになります!



↑このページのトップヘ